@michaan1107 の ブログ

Twitter : @michaan1107

今の(前の)仕事を選んだ理由 前編

 

http://www.flickr.com/photos/18090920@N07/5121772432

photo by Sean MacEntee

今週のお題「今の仕事を選んだ理由」

会社が潰れても自分は潰れない。それが本当の安定だと思った。

ちょっと前だと山一證券とか、リーマン・ブラザーズとか。最近だと東京電力とか、東芝SHARPとか。もっともっと挙げればいろいろあるけれど、いわゆる「(元々一般的に羨ましがられる)大企業」という環境に身を置いていて、ある瞬間コロッと潮目が変わった時、生きていける自分でいたいと思ってた。バブル期なんてものをギリギリ味わっていない世代としては、安定とは何ぞやということを考えずにはいられなかった。

netgeek.biz

これこれ。これが最終的に一番避けたい状態。もちろん年齢という要素もかなりあると思っているのだけれど、いざとなった時に希望するキャリアにつけない。これはなんとしてでも一番避けたい状態だなと思っている。明日は我が身だと思うわけです。

 

結局、会社が潰れても、自分は潰れない。それを実現することが生きていく上でまず大事。そう思うように育っていったように思う。

 

純粋に自分の”実力”を高めていかないと。

そう。会社にすがって生きていった結果、最終的に自分は会社の魅力のおかげで生きてこれたのだ。という形になると前述したようなことになり得てしまうので、そうではなく、自分の”実力”を高めることができる環境に身をおくことが必要だと思ったんです。そうこうして、前職のリクルートに入社しました。面接でもほんとに「俺は安定志向なんです。」って話をした。もちろん、すがる安定ではなく、純粋に力をつけた結果の安定を望んでいると付け加えたけれども。

 

社会に対して役に立ちたい。(そんで承認欲求満たしまくりたい。) 

社会にある「不」を変えていく。そんなチェンジメーカー的なポジションでの仕事がしたかった。だってそれってしんどいのがわかってるから。自分の足跡を残していけるような仕事をしたいと思ってた。リクルートが伸ばしてきた事業はいずれも、そんな、「不」を変えていった結果伸びていく事業ばかりだった。それが魅力でもあった。

 

これが前の仕事を選んだ理由。

広告を非表示にする